日本酒好きにもおすすめ。幻の紫芋から造られた「赤霧島」

日本酒好きにもおすすめ。幻の紫芋から造られた「赤霧島」

T-MONKEY-赤霧島T-MONKEYは亀戸駅から徒歩3分の遊べるBARです。

幻の紫芋・ムラサキマサリ(紫優)が原料の「赤霧島」。

昭和の終わり、鹿児島の山川町で中心部まで濃い紫色の色素が入り込んでいる、世界のどこにもない遺伝子を持つ芋が発見されました。
その芋から数々の新品種が開発され、最も醸造特性が高かったのがこのムラサキマサリ。
華やかな香りと強い甘みが特徴です。

通常、焼酎の名前についている色の名前(黒・白)は麹の種類を指しますが、この焼酎は、ムラサキマサリに豊富に含まれるポリフェノールと、麹が作り出すクエン酸が反応して、もろみが真っ赤になるところから命名されました。
ストレートで飲むと、後を引く甘みと気品高い香りを、より一層感じることができます。

理想の酒質を追い求め、挑戦し続けた蔵元・霧島酒造が『唯一無二の味酒(うまさけ)』と言い切る風雅な焼酎を、T-MONKEYでお楽しみください。

Pocket